テーマ:越の国

火焔土器を見て、また縄文へ旅をしたくなった

県立考古博物館で「雪国の火焔土器文化」と題した講演会があったので、これは見逃せないと行ってみる。 講師は津南町教育委員会の佐藤雅一さん。話の主なテーマは縄文火焔土器のデザインについてだったが、興味をひかれる点があったのでアーカイブしておく。 津南町諏訪前遺跡出土の火焔土器 1 火炎土器は豪雪地帯に分布する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満腹のフォッサマグナミュージアム beret-exepedition 2015 §10

今回の探検の最終日はフォッサマグナミュージアムである。 実は、昨日行ったのだが、閉館1時間前に入ったため、 あまりの展示物の多さに時間切れで、再訪ということとなった。 フォッサマグナミュージアムは、糸魚川周辺のジオパークの中核施設である。 なかなか、力の入った博物館で、この近辺の地質に関する展示がわんさとある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相馬御風と糸魚川の町 beret-exepedition 2015 §9

糸魚川は鉄道の乗換えで一度だけ降り立っただけで、 初めての町だ。 宿から夕飯を食べるのに駅前の方へ行く。 ちょうど夏祭りで駅前は多くの人で混雑していた。 人並みに流されながら歩いていくと、古風な民家が目にとまる。 相馬御風宅とあり無料開放されていたので早速入ってみる。 相馬御風といってもぴんと来ないが、 童…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長者ヶ原遺跡 長者ヶ原考古館 に行く(糸魚川市) beret-exepedition 2015 §8

今回のテーマの1つは翡翠であったが、 翡翠の大規模な工房があったといわれる長者ヶ原遺跡に到着する。 付近は運動公園やフォッサマグナミュージアムといった施設があり公園化している。 さっそく長者ヶ原考古館に入館する。 一応、縄文土器の出土品の展示があったが、 先の十日町市博物館の展示に目の肥えてしまったベレー2人組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高田 雁木の街 beret-exepedition 2015 §7

台風も去り真夏の太陽が照りつける。 昼過ぎに高田に到着する。 高田は直江津と合併し、上越市となっている。 このくそ暑い時期に、豪雪地帯の雁木の下をくぐりぬける。 ごらんのように、民家の軒先を延長してコモンスペースにしてある。 雪下ろしのための梯子が、雁木の屋根の上から常設してあるのもすごいと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松苧神社に参る beret-exepedition 2015 §6

案内地図に重要文化財の社殿があるというので行ってみることにした。 簡単に車で行けると思っていたが、大変な間違いであった。 犬伏という松之山街道の古い宿場の集落から 延々と山道を20分ほど自動車で登る。 やっと、松苧神社の登山口に着く。 駐車場になっていて、水呑場もある。 門柱に杖が2本置いてあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越後縮の里 カラムシ・苧麻  beret-exepedition 2015 §5

カラムシ・苧麻  十日町の棚田を見るのに訪れた集落で見つけた。 この地方の山野には結構自生している。 小学生のころ神戸でも裏山で植物採集したことを思い出す。 越後縮は麻布に似てはいるが、また別物で、 カラムシの繊維で作る織物である。 アサはクワ科の1年草 いわゆるマリファナ 大麻 カラムシはイラクサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松之山兎口温泉 庚申の湯(植木屋) beret-exepedition 2015 §4

宿を松之山温泉にとる。 実際は松之山温泉から峠を挟んである兎口温泉庚申の湯。 創業明治39年の一軒宿、植木屋旅館。 田舎道の奥の方にぽつんとある。 まるでつげ義春のマンガ(ゲンセンカン主人など)に出てくるようなたたずまいである。 風呂もいかにも湯治場の雰囲気満点である。 この付近は、厚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹山遺跡 火焔型縄文土器出土地を訪れる beret-exepedition 2015 §3

十日町市博物館で縄文土器を堪能したあとは、 展示されていた縄文土器が出土した現地に日が暮れぬまに急いで行く。 博物館から車で15分ほどの、運動公園の周辺が遺跡だ。 雨も上がり、周囲を観察する。 小さな谷の扇状地で、前は千曲川が見渡せる住みやすそうな土地である。 発掘された住居跡は100棟ほどであるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝 火焔型縄文土器(十日町市博物館) beret-exepedition 2015 §2

今回の旅行のお目当ての1つは「国宝 火焔型縄文土器」である。 越後湯沢で、estと合流し、雨の中、十日町を目指す。 十日町はまったく始めての地だ。 国宝 火焔型縄文土器は、十日町市博物館に収蔵されている。 博物館は、道路からちょっと入った分かりにくいところにある。 外観は、よくある地方都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越の国へ beret-exepedition 2015 §1

今年のberet-exepeditionは越の国へ、テーマは縄文と翡翠である。 畿内から越の国への道は遠い。 上越新幹線に初めて乗車。 Maxときは2階建て うれしくなってしまう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more