テーマ:和菓子

伊勢神宮 に参る (2) 赤福本店

さてさて、次は内宮。 内宮に行くには、参宮街道を行くことになる。 途中、赤福本店があり、 ご覧のように観光客の絶好のカメラスポットになっている。 勝手な空想だが 餅や餡の再利用は おそらく300年前の創業時から 食中毒もおこさず、味も落とさず、コストを下げるための 店のノウハウとして伝えられてきたのではないだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あじさい餅」を食べる

仕事の帰り道で、馴染みになった和菓子屋をのぞくと 「あじさい餅」という名の菓子を見つけた。 あじさいの花のような色合いのキレイな和菓子だ。 あじさいの七色変化の感じがよく表現されている。 上手く作ったものだ。 想像するに、あらかじめ道明寺粉を、 幾通りかの、淡い色彩の色粉で彩色し まぜあわせて、餡をくるんでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「桜の花餅」と「いちご大福」を食べる

いよいよ神戸も昨日あたりから、急に桜が咲き始めた。 帰り道、和菓子屋を覗くと、「桜の花餅」と「いちご大福」が 目に留まったのでおもわず買ってしまう。 「いちご大福」はもう、春の定番和菓子になってしまった。 先日桜餅の薀蓄をたれたが いちご大福も、お店によって、いろいろ製法があって、 食べ比べるとおもしろい。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜餅と菜の花餅

気象庁の桜の開花予想が間違っていたそうだ。 まだ子供のころ、「神戸海洋気象台」が近所だったので、よく遊びに行った。 ひんやりした空気の漂う 気象台の入口に、黒板が掲げてあって 今日の天気の概要と、季節によって表れる 身近な動植物の動向が記してあったことを思い出す。 そんな、海洋気象台の雰囲気が大好きだった。 あ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more