テーマ:フィレンツェ

フィレンツェからシエナへバスで行く(2009イタリア紀行 8)

シエナは訪ねてみたかった街の1つだ。 フィレンツェからバスで行くことにする。 乗り場はサンタマリアノヴェッラ駅の西側のSITAバスターミナル。 ビルの内側にあり、表からはちょっと分かりにくいが、 大型バスが出入りしているのでそれと分かる。 待合はこじんまりとしているが、発着便数は多い。 行き先案内板でシエナ行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピッティ宮の入場券の買い方(2009イタリア紀行 7)

ピッティ宮は前回来た時、 職員のストライキで入れなかった曰く付き。 今回は営業しているようだ。 ベッキオ橋から来ると、わざわざ入口の前を通り過ぎて、 入場券売り場に行って、また入口に戻らなくてはならない。 入場券は3種類あって、 段階的に入るエリアによって値段設定されている。 一番安い、庭園エリアで十分と思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレンツェでビジネスランチを食べる (2009イタリア紀行 6)

ウッフィツィ美術館を出たのは13時をまわっていた。 腹が減ったので、飯屋を探す。 1軒目は予約で満席。 2軒目ピッザリアも満員状態だったが、 親爺がテーブルを移動してくれて席を作ってくれる。 英語のメニューがあったので、 マルガリータ、ナスとハムとモッツアレラのピザ あとビジネスランチというのがあったので、注文する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボッティチェリの「ビーナス誕生」と「春」を見る (2009イタリア紀行 5)

ウッフィツィ美術館は2回目だが、 今回は家族の案内ということもあり 事前に重要絵画のありかを 確かめておかなくてはならないので大変である。 なんといってもボッティチェリの「ビーナス誕生」と「春」は外せない。 前回見たとき、「春」はもっと華やかな印象があったが 今回は、2日目ということもありこんな絵だったかなと思ってしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウフィツィ美術館の予約は必要か (2009イタリア紀行 4)

多くのガイドブックには、 ウフィツィ美術館の待ち行列の長さと それを回避する予約方法について書いてある。 しかし、予約金として1人4ユーロとられる。 5人で20ユーロ、十分昼飯代になる。 一人ならまだしも、家族では馬鹿にならない金額になる。 ということで、今回は一般の行列に加わる。 15分おきに一定数を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ダヴィデはレプリカで十分 (2009イタリア紀行 3)

ヴェッキオ宮の前にミケランジェロのダヴィデがあるが ホンモノはアカデミア美術館に収納されている。 前に来たときに、2時間弱も並んでホンモノを見たが 確かにホンモノといわれるとありがたみが増すが この、野外にあるレプリカとどこが違うかよくわからない。 時間のない旅行者の皆さん、 ダヴィデはベッキオ宮の前のも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ドゥオーモに行くには朝一番がいい (2009イタリア紀行 2)

ホテルを8時に出る。 サンタ・マリア・ノヴェッラ駅の地下道からはアメリカ人の団体が湧いてくる。 駅の名前にもなっているサンタ・マリア・ノヴェッラ教会 実は駅側からだと後姿。 人の流れについていくとサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂が見えてくる。 大聖堂前の広場もまだ人が少なく、地元の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more