テーマ:言葉

さようならは小さい声で(松浦弥太郎)を読む

タイトルに魅かれて読む。いいねえ「さようならは小さい声で」  まだ、僕が二十歳のころの気持ち、そしてそのころ行ったサンフランシスコの風景を思い出すエッセイ。 作者は「暮らしの手帳」の編集長ということもあって、女の人、それも年上のいい感じの女の人のことがよく出てくる。しかし、読み終えると、失礼だがちょっとマザコンではないのと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more