テーマ:マテーラ

ジェラート

ゆうに40℃を超えると思われるサッソを歩き回ったので 新市街のジェラテリアに避難する。 どぎつい色の、いかにも非常に甘そうなジェラートが並んでいる。 私は遠慮して、レモンのソルベットを注文したが、キンキンに冷たくて、 今までの外気との温度差に体がついていかなくて、頭が痛くなった。 Electrolu…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サッソの洞窟住居の内部

サッソの洞窟住居を再現して見せてくれている。 入場料3ユーロ。日本語の案内テープあり。 照明されているので結構明るいが、実際は明り取りの窓が1つしかない。 また、農耕用の家畜(ロバ)も同じ洞窟に飼っている。 もちろんトイレは壷みたいなものが部屋の隅にあるだけ。 不衛生極まりない。 イタリア政府が条例で住民に強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッソ・カヴェオーソ

サッソ・カヴェオーソを遠望する。 サッソ・バリザーノに比べてくすんだ色をしている。 凝灰岩を削りだして町を造ったのがありありとわかる。 長崎に「軍艦島」というところがある。 あの写真集や詳細測量図を取り寄せ見たことがあるが、 あの複雑さ以上の町並みである。 時間があれば、迷い込みたいのだが。。。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先史時代の洞窟

グラヴィーナ川の渓谷の向こうには、いくつもの洞窟が見える。 先史時代の住居跡があるという。 凝灰岩の洞窟を住処にする、CAVEMAN ふと「2001年宇宙の旅」のオープニングを思い出す。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷宮都市 (サッソ・バリザーノ)

マテーラは洞窟住居で 世界遺産に指定された町である。 新市街からグラヴィーナ川へ下る斜面に その住居群が展開する。 まさしく迷宮都市である。 6月というのに気温は38度、白い凝灰岩の照り返しもあり、40度は超えている。 洞窟住居はサッソ・バリザーノとサッソ・カヴェオーソの2地区に区分される。 残念ながら…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more