テーマ:鉱山

金瓜石 金鉱山施設遺構 (台湾 新北市立黄金博物館)に行く

「金瓜石」という日本統治下に開発された金鉱山跡がある。 千と千尋の神隠しで有名になった九份のすぐ隣にありながら、日本人で足を延ばす人は少ない。 九份が同じく金鉱山跡でありながら、今はその面影がほとんど見られないのに対し、金瓜石は鉱山そのものを観光施設にしている。 九份から車で山道を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神子畑選鉱所跡に行く (朝来市佐嚢)

奥深い谷間に突然現れる、巨大なじょうご型の構造物と斜面のコンクリート構造物に圧倒される。 明延鉱山の鉱石を選別した、日本近代化産業遺産のひとつ神子畑選鉱所跡に立ち寄った。 階段状になった選鉱所は、明延から運搬した錫鉱石を、上から下に落としながら選別していくという、重力を利用した効率のいいシステムだったことが分かる。 規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明延1円電車と坑道探検 に行ってみる

かつて、明延鉱山には、鉱石を運ぶ専用軌道があり、 それに従業員も1円で乗車していた。 昭和58年に乗れる機会があったが、 その後、閉山となり、果たせないままであった。 今回、その1円電車を動態保存しているので行くことにした。 明延郵便局前の広場に軌道が敷かれてあって、 バッテリーカーでかつての客車?を牽引している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備前 三石駅 三石明神社の孕石

JR在来線で岡山に向かうと、岡山県に入ってすぐに「三石駅」がある。 車窓から、むき出しの山肌が見えて、煙突が立つ風景がいつも気になっていた。 目的地の熊山遺跡の途中で立ち寄ることができ、 いくつかの興味深いものを見つける。 町並は適度にひなびている。 車窓から見えていたのは「耐火煉瓦」を製造するための材料を取る鉱山であ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生野銀山

一度行きたかった生野銀山跡を訪ねる。 入口には菊のご紋の門柱が残されていて興味をそそる。 明治22年に、宮内庁御料局の管轄になったからだそうで つまり、皇室の財産だったということだ。 生野銀山は807年に開山されてから 当時の権力者の財源として開発されてきたということだ。 一方で過酷な労働をしいられた鉱山労働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more