テーマ:

不思議なテーブルの霧多布岬(2015道東自転車紀行 §9)

湿原地帯のかなたに印象的なテーブル状の台地が見える。 もし、津波が来たら、一巻の終わりだなというほどの 平坦な湿原地帯を走り、霧多布岬へ向かう。 浜中の中心地である霧多布は、岬への登り口にあり、 結構な町並みが続く。 秋祭りの最中らしく、けっこう人が出ている。 町外れから、一気にテーブル台地に登る。 台地上は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納沙布岬へ(2015道東自転車紀行 §6)

根室から北海岸線を納沙布岬へ向かう。 抜けるような青空。 やや向かい風。 海沿いの牧草地が心地よい。 遠くに国後の島影も見える。 納沙布岬灯台 歯舞が見える。 岬に来ると特別な気持ちになることが多いが、今回はあまり感情が沸いてこない。 道中に土産物屋や人が多いせいかも知れない。 ただ、太平洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能取岬と美岬牧場(知床紀行§16)

10月とは思えない暖かな天気だ。 飛行機の時間まで余裕があったので、 地図で適当に探して来た場所が正解だった。 岬に牧場が広がっている とても北海道的な風景の牧場だ。 よく観察すると、馬や牛が混在して放牧されている。 どうも、観光牧場のようである。 立て札を見ると、市営牧場と書いてあった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プユニ岬 (知床紀行§8)

知床自然センターからプユニ岬に向かう。 断崖絶壁に海鳥の白い糞がへばりついているのが見える。 フレペの滝 地下水が直接、滝になって海へ流れ落ちる。 これ以上乗り出すと断崖から転落する。 滝の上部しか見えない。 ここらは入植者の牧場跡 草木も枯れて、うら寂しい。 海風が強くて木が生えてこない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本州最南端の地を踏む (beret-expedition2008 §5)

田辺を後にし、潮岬に到達する。 本州最南端の碑があり、ひなびた観光ハウスがあるだけ。 ただ、水平線を見る。 昔、NHKラジオ第2で聞いた 気象通報で読み上げられる 「潮岬では風力5快晴気圧1010ミリバール」とかを思い出す。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more