ベレー帽通信 WEST

アクセスカウンタ

zoom RSS 「飛燕」を見に行く (川崎重工 飛燕レストアプロジェクト)

<<   作成日時 : 2016/10/16 15:00   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



ポートターミナルで「飛燕」を展示しているので見に行く。
実は、私の父は陸軍の整備隊に配属され、昭和18年から終戦まで飛燕を整備していた。
そして、復員後、川崎重工に勤めていた。
今年、その父の17回忌があったが、川崎重工が120周年記念行事として、
「飛燕レストアプロジェクト」を行ったというのは、何か因縁を感じざるを得ない。


2日目ということもあり会場は大勢の人が来ている。
エンジンのそばに、スタッフジャンバーを着ている人がいたので、
父の話をすると、「もし、生きておられたら、いろいろと聞きたいことがいっぱいあります。」と言う。
実は修復するにも文献があまりなくわからないことだらけらしい。

画像


エンジンは、1台しか現存しないため、分解すらできなく、
そのまま置いておくしかないのだという。
「何か聞いていることはありませんか。」とスタッフが訊ねる。

私が父から聞かされた飛燕のことは、

過給機を積んでいるので高高度まで飛行できる。
過給機のオリジナルが展示
画像


液冷エンジンなので銃撃されたとき、そこが弱点となる。
冷却器の取扱説明
画像




風防はセルロイドでできているので火に弱い。

特攻を送り出したときは、つらかった。
画像


それぐらいだ。
まだ私も十分大人になっていなかったし、
父もあまり多くを語ろうとはしなかった。


何か目頭が熱くなった。


操縦室の計器パネル。
計器のいくつかは欠損していて今回、復元したという。
画像





もう20年ほど早かったら、どんなに父は喜んだろうか。
そして、どれほど多くのことが復元作業に役だったろうか。

画像




父の遺品の整理中に見つけた戦歴のメモをあえてアーカイブしておく。
どこかで役に立つかもしれない。


昭和17年3月1日 宮崎県第9航空隊入隊 西部101部隊

昭和17年9月1日 幹部候補生として、福生飛行整備学校へ

昭和18年10月1日 少尉任官

西部101部隊より、松江を経て、
北朝鮮 咸興市外 連浦飛行場にて、新たに部隊編成
京城郊外 金浦飛行場にて新たに「第2錬成飛行隊」として発足

整備隊を総括

専攻機種の重爆撃機より戦闘機(飛燕)に機種変更され
「金浦」を本拠とし、群山飛行場、水原飛行場を移動
その間、多くの特攻隊を南方に送る。

昭和19年11月3日
特に「靖国隊」と命名された、出丸中尉以下12名の将兵が群山を出発したことは忘れられない。

昭和20年 中尉任官

昭和20年8月15日 敗戦

昭和20年10月 水原飛行場にて武装解除、のち釜山港へ











飛燕 B29邀撃記?飛行第56戦隊 足摺の海と空 (光人社NF文庫)
潮書房光人社
高木 晃治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 飛燕 B29邀撃記?飛行第56戦隊 足摺の海と空 (光人社NF文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「飛燕」を見に行く (川崎重工 飛燕レストアプロジェクト) ベレー帽通信 WEST/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる