平将門首塚

上京する用があったので、beret-eastの手引きにより
「平将門」をベレー帽することになった。
あいにくのどしゃぶりで、とりあえず丸の内にある将門首塚を訪ねる。

平将門は10Cの人物であるが
平将門は藤原純友とセットで高校日本史の片隅に出てくるくらいで、
あまり意識していなかった。
しかし今回、事前調べを行ったが
実に、ベレー帽度の高い人物であることが分かった。
解説はこちらに譲るとして
Wiki参照
しかし、関西ではあまり有名でないが、関東では結構ポピュラーなようだ。

丸の内は銀行街であるが、その一角のビルの谷間に首塚はある。
今回は、首塚の石塔婆を撮影する。
おそらくここでは石塔婆がメインだと思うが
正面から見るとこの石塔婆は石碑に隠れている。

画像


この写真を見ると、雨天で暗いせいもあるが、石塔婆はいやに黒く
そばの供え花は霊魂のように白く何か薄気味悪い。
「帝都物語」(原作 荒俣宏)とかいう日本SF映画にも
平将門の怨念なんていうのがでてきていたことを思い出す。

平将門はその時代によって評価が変わる人物である。
また、守護神になったり、怨霊となったりこれまた180度評価が異なる。
自ら「新皇」と名のるなど、京に対し坂東で新しい国を作ろうとしたのだろうか。
今も首塚の目と鼻の先は皇居である。
昔は大蔵省が一時あったようだし、今は日本の金融の中心である。
いずれにしても、このあたりは霊力の強い場所なのであろう。

この後、残念ながら、将門の怨念か、雨が激しく、
beret-west・east 両人はくじけてしまい
御茶ノ水で、お茶を濁したのであった。

次回の「ベレー帽リベンジ平将門」に期待したいものである。



帝都物語
帝都物語 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック