市民風力発電所の利益分配金 を受け取る

もう4年前になるが、
風力発電所を市民の出資によって作るという、
プロジェクトがあって、興味があったので、
建設費用を出資したことがあった。
すっかり忘れていたのだが、4年目に中間利益分配がされることが
当初の計画にあり、その報告書が送られてきた。

この市民風車の計画はなかなかユニークなもので、
一般市民の出資でファンド(匿名組合)を作り、
それを風力発電NPOに融資し、
発電による収益を、返済金として組合員に分配するというものである。

2003年に、この話があったとき、
NPOの信用力、風力発電の安定性などの
リスクを考えて躊躇もしたが、
我が、ベレー帽心をくすぐるものがあり、
まあ、宝くじみたいに夢を買うような気持ちで出資したのだった。

さすがに1年後、実際に風車が建設されているか心配になり
わざわざ自分の目で見に行ったりして、
そのときはなぜか風車が止まっていて「大丈夫かよ!」とも思ったりしたが
その後、安定的に電力を売電できたようだ。

画像

           秋田県 旧天王町 天風丸 2004年訪問

報告書によると2006年度の発電量は26万kwhで
経費を差し引いたNPOからの利益は627千円、
出資者1口当たりにすると2006年分は約1.5千円となっている。
今回、4年分の出資金と利益が償還されることになる。

あと6年後に、残りの出資金と利益が償還されることになるが
これが6年後に達成できると
環境保護に市民が事業として簡単に参加できるという、
いい事業モデルになると思う。

しかし、何よりも、風力発電の風車の建設に関係できたと言う、
ひとつの夢を与えてくれたことに対し、
事業者、NPOに感謝したい。


詳しくは
市民風車の会 秋田
グリーンエネルギー 青森
これら風車の建設地は、学生時代に自転車旅行で通ったところでもあり、思い出深い。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック