北朝鮮国境の町 図們 (中国東北部自転車ツアー/2007.8.17)

延吉まで来たので、北朝鮮国境の図們(Tumen)まで足を伸ばすことにする。
急きょ決まったので、スケジュールの都合で朝3時起きである。

画像


橋桁の中間で色が変わっているが、
赤が中国、水色が北朝鮮ということらしい。



小雨に煙る北朝鮮側には、建物が見えるが
おそらく、韓国の板門店の北朝鮮側で見るような
見せかけのビルなのだろう。

板門店に比べ、以外にも近い感じがする。

画像


対岸が北朝鮮ということで
ことさらに国境を意識する。

いずれにしても
国境というのは不思議な場所である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック