ヨーロッパ的風景の中国 (中国東北部自転車ツアー/2007.8.15)

画像


やっと太陽が出てきた。
長い下り坂を快調に飛ばし、牡丹江へと向かう。
こちらに来てから、
時々、イメージがヨーロッパの農村風景とラップするところがあり
なぜかなあと考えていた。


たとえば、これは牡丹江郊外の一農村だが、
スペインの片田舎の集落といっても別におかしくない。

画像



地形が日本と違う、広大な丘陵地形であること。
水田と違って、畑地であること。
作物に、とうもろこしやヒマワリが見れること。
屋根瓦がオレンジ色であること。

こんなことが、ヨーロッパのスペインやイタリアの
丘陵地帯のイメージとラップするところなのだろう。


風景というものは、そこに住んでいる人が作るものであるとすれば
おそらく、その地の文化というものが大きく影響するだろう。

確かに、このあたりはロシアが建設した
ヨーロッパへ続く、かつての東清鉄道の沿線であるから
遠く離れた、ヨーロッパの文化が
この辺境の地まで、わずかに潜在しているのかもしれない。

そんなことを思いながら
かつての東清鉄道の結節点である
牡丹江を目指す。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック