もう、国には頼らない。 (渡邉美樹) を読む

ワタミといえば居酒屋「和民」を展開する株式会社である。
その社長渡邉美樹が、従来、公共の仕事だといわれてきた
学校、病院、老人福祉、農業の分野で経営力を発揮する。

公的サービスを提供してきた
多くの地方自治体が、いわゆる経営破たんする時代。
日本国、そのものの先行きもなんだか怪しい。

「官」の仕事は必ずしも「公」の仕事ではない。
というところがこの本の言いたいところではないだろうか。

経済第一主義では、公の仕事は扱いにくい場面もあるだろうが、
これからの「公的サービス」を考える上で
示唆に富む本である。


もう、国には頼らない。経営力が社会を変える! (NB Online book)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック