「ツリーハウス」にあこがれる

ピーターネルソン著「ツリーハウスをつくる」という
素敵な本を見つけた。
「ツリーハウス」は樹上の家のこと。
子供のころ裏山の木上に作った秘密基地の本格版。
世界各地の素敵なツリーハウスの写真が載っている。

いつか、自分で本格的なツリーハウスを作って
そこで昼寝するというのが夢である。
そして、そこで見る夢はいったいどんな夢だろうか。

画像


そんな折
ちょうど、BE-PALの5月号がツリーハウスの特集をしていた。
ちょっとブームになりそうな気配。

しかし、ツリーハウスを木に固定する方法を見ると
幹にアンカーボルトを打ち込んで
そこに梁を固定して、テラスを作るという工法が一般的なようだ。

かなり木にダメージを与える感じがする。
小屋本体の荷重と住人の荷重も木に加わるから
木にはかなりの負担になるだろう。

もっと木に負担をかけなくて
木陰で休むような
木にハンモックをつるすような
木と一体化できるような
ツリーハウスができないものだろうか。

中年少年の想像は膨らむばかりである。



ツリーハウスをつくる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

zenstone
2008年04月21日 18:44
僕のような高所恐怖症の者はツリーハウスにはむかないと思います。幹にアンカーボルトはちょっと痛々しいですね。樹の方がどう思っているか? やはり僕はハンモックの方が良いな。
2008年04月21日 23:47
確かに高所恐怖症には向かない住まいですね。私の場合、子供のころ、木の股に板切れを渡して秘密基地ごっこをした思い出が強いもので。。。以前、アマゾンの熱帯雨林を観察するのに、地上10m以上のところに回廊を作って、生態学者が1ヶ月ほど生活するというのをTVでやっていましたけど、下さえ見なければ、緑の樹冠の海が広がっていて、気持ちよさそうでしたけれどね。

この記事へのトラックバック