ウツボ を食す (beret-expedition2008 §4)

田辺の町をうろついて遅い昼飯にすることにした。
なになに、秋刀魚鮨、ウツボ 
ここはやっぱり、「ウツボ」でしょう。
ということで、「ウツボの酢の物」と「ウツボのからあげ」が下図

画像


お味はなかなか淡白ですこぶるよろしい。
からあげは結構いけますよ。

酢の物もいいけれど、よく見ると黒い皮がグロテスク。
見ないで食べる分には問題ない。

初めて食べたけれど、これはいける。
鱧でもなく、ウナギでもない。
くせもなく、淡白で上品。
しかし、どうして市場に出回らないのか。

店先の水槽に大きなウツボが入っていた。
優に1m、太さは大人の腕以上はある。

画像


どうやって捌くのか。見てみたいものだ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

備前屋
2008年10月03日 22:28
旅先から失礼します。いつもこのブログは寄っているのです(いまは酔ってます)が、田辺についてかかれておられたので、ちょいとコメントをする気分になりました。確かに(§3を受けて)、寓居を構えるには田辺は良い地です。海の幸、山の幸と豊富で、しかも人情が黒潮文化的な大らかさと細やかな気遣いが混じっていて親切な人が多い印象を受けました。いっとき、田辺に住もうかとも思ったことがありましたが、今は松山にて‘隠居蟄居’の状態にあります。この地も良いです。暇がありましたらお寄りください。そうそう、ウツボもいいですが、戻り秋刀魚もいいですね。
2008年10月03日 23:20
備前屋さん
お久しぶりです。熊野詣の途中で田辺に立ち寄ったのですが、もう少し滞在して調査する必要があると思いました。なにか魅力ある地です。熊楠が住んだのもわかる気がします。
松山行きは前回果たせなかったので、近日中に作戦中ですのでその節はよろしくお願いします。一遍の生地と言われている宝厳寺をターゲットのひとつにしています。その節はぜひ一献。
beret_e
2008年10月04日 09:45
あの食感は忘れられないなあ。今度うつぼのメニューに出くわしたら迷うことなく選択ですね。
2008年10月05日 12:26
全国に他にもウツボが食べれる街があるのかな。南紀あたりだけではないかしら。

この記事へのトラックバック