「パラダイス」という名の中華料理店

恒例、高校の同窓忘年会。
いつもの中華料理店に集まる。

以前はこの店は、典型的な
シンガポールやマレーシアの都市でよく見かけた
(今は近代化でほとんど見ることができないが)
ショップハウスのつくりの古い店だった。

あの震災をもくぐりぬけたのだが
3年前に改装した。

以前のほうが趣があったね。
勝手な意見だけれど、僕らはそのほうがよかった。

でも、改装して繁盛しているみたい。
おかげで、同級生の店主の手品もあまり見れなくなった。
とにかく、お店繁盛はなにより。

料理はこれまた、いつもの火鍋(huŏ guō)
僕らみんなそれぞれありながら、今年も終わろうとしている。

旧友と美味しいものを食べ、酒を交わす。

今年は3年ぶりに、店主の手品が披露された。

確かに
「パラダイス」という名の中華料理店


画像




中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)
中央公論社
村上 春樹


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

福爺
2009年01月06日 11:24
こんにちわ
久しぶりに、店主の手品が見れましたが、
ちょっと腕が落ちたかも知れませんね~
2009年01月07日 00:00
いやいや、たいしたものです。でも、このごろ本業が忙しくて練習する時間が少ないのかもね。

この記事へのトラックバック

  • 「パラダイス」という中華料理店 2009

    Excerpt: 例年恒例の高校時代の同級生の忘年会。 元町から中華街の雑踏を抜けて、 ひっそりした通りにある、 いつもの中華料理店に集まる。 Weblog: ベレー帽通信 WEST racked: 2009-12-28 01:31