グアム島に行く

画像


グアム島に行く。
事前にグアム島のことを知ろうとしたが。
多くのグアム島に関するガイドブックは、
免税店での買い物情報や、
現地観光産業の商品カタログでしかない。

そんな中で、岩波新書の
「グアムと日本人―戦争を埋立てた楽園」(山口 誠)



は、海外旅行慣れした者にとって、たいくつなグアム島を、
新たな視点で見つめることをさせてくれた。

グアム島の歴史をあまりにも知らなかった。

1521 マゼラン遠征隊 漂着 「泥棒諸島」と命名
1565 スペイン レガスピ遠征隊がスペイン領と宣言
1668 スペイン サン・ヴィトレス神父が
     マリアアンナスペイン王妃になぞらえ
           「マリアナ諸島」と改名
1695 スペイン・チャモロ戦争

1898 米西戦争により、アメリカに移譲

1941 真珠湾攻撃の5時間後、日本軍がグアムを攻撃
     日本軍 グアム占領
1942 「大宮島」に改称
     島を1市1町14村と区分
1943 「日本語教育」開始

1944.3  日本軍1万人進駐
1944.8  米軍 全島を制圧
        日本人戦死 2万人


タモン湾のに残る日本軍が築造したトーチカ
画像


その歴史は、演出された「南の島の楽園」によって
多くは見えなくなってしまっている。


--------------------------------------------


レンタカーで島内1周する。
淡路島の半分くらいの大きさである。

北端 リティディアン岬 
アンダーソン空軍基地の外周を通って行く。
画像


おびただしい蝶が群居している。
画像


グアム大学
画像


いかにも南国な構内
画像



タロフォフォ湾
1944年、米軍の攻撃で沈没した日本のアラタマ丸が沈んでいる
画像


南部
イナラハン天然プール 日本人観光客はいない。
地元の人がバーベキューをしながら遊んでいる。
画像


南西部の山は、南東部に比べてあまり樹木が生えていない。
画像


恋人岬からタモン湾を一望する。
かつての日本軍と米軍の戦闘が一望できただろう。
画像



2回目のグアム島だったが、また別のグアム島が見れた旅だった。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

beret_e
2010年02月07日 09:05
お正月の旅行ですか。beret視点が抜けないところが健全ですね。下手に沖縄などに行くより安くつくのでしょうか。今日のような寒い日には海が美しそうなので暖かい海に泳ぎにいきたいものです。
2010年02月07日 11:46
グアム島の観光開発コンセプトは、ワイキキをモデルに、日本人が、「安く」手軽に海外旅行にいったという口実を作るための南国の島のようです。
現地では、難しいことは考えないでボーっとしてきました。Kマートで$8のシュノーケルセットとえさのビーフジャーキーとビールを調達すれば、ホテルの前のタモンビーチで魚とたわむれ、日長遊べます。

この記事へのトラックバック