和気清麿呂 一族の地を訪ねる(和気神社)

画像


この碑は、JR山陽線の車窓から、
結構よく見えるところに立っていて、
気にはしていたが、何の顕彰碑かは分からなかった。

車で寄り付くのには、
集落の奥まったところに立っていて、
細い農道を通るので難儀する。




「和気清麿呂公碑」とあるが
紀元2600年を記念して建てられたもので、
これ自身はあまり面白くもない。

興味深いのは、この地の地名が「大政」(たいまん)といい
古代の国衙、郡家のあとの可能性が高いこと。

近所には古代駅(うまや)を示す「尺所」や「飼葉」といった地名があり
古代山陽道がこのあたりを通っていたことが推測される。



そのような目で見ると、
何の変哲もない田舎の風景が
狭い曲がりくねったたんぼ道が、
また変わって見えるから面白い。
画像





-----------------

近くに「和気神社」があるので、立ち寄る。
きれいに整備された境内で、
地域に愛されている神社であると分かる。

画像




狛犬の代わりに、猪があるのが面白い。

「道鏡事件」の際に、清麿呂が猪300頭に守られ
「宇佐神宮」まで行った古事に由来するらしい。
猪というのは、多分、清麿呂を支援した人間であろう。

たしか、淡路の「先山神社」も猪だった。





祭神は「和気一族」で垂仁天皇(11)の皇子「鐸石別命」(ぬでしわけのみこと)とある。
昨年、行った柏原の「鐸比古・鐸比賣神社」にも「鐸比古命」(ぬでひこ)があり、
「鐸」(ぬで)というのはどうも鉱山、土木系の技術集団のようだ。

あちこち、旅をしていると、思わぬところで、
色々なつながりが発見できて面白い。


和気清麻呂が摂津大夫のとき、
788年には、河内、摂津の境に大規模な治水、利水工事を行った。
これは、いまのどのあたりなんだろう。
調べてみたいものだ。

796年には、備前からの鍬鉄の租税を軽減した。
和気清麻呂の本姓は磐梨和公(いわなしわけのきみ)
これらからも、鉱山・土木系の技術集団のにおいがする。






----------------

和気神社には、興味深い絵馬がいくつかあったので記録する。

日露戦争戦勝記念
画像



九尾の狐
画像

何かの物語を題材にしていると思うが、知らない。だれか教えてください。



戦記物
画像

何の戦いなのか?




あと、大きな神社によくある「さざれ石」
画像

ここのは、結構きれいで大きい。


学名「石灰質角礫岩」というようだ。
雨水で溶解された石灰岩の溶液が
その辺りにあったの礫を凝結したものらしい。

確か、諏訪神社、伊勢神宮(外宮)にもあった。
礫の多いセメントのようであるが。。。。

-------------------



和気清麿呂のことは、今まであまり知らなかったが
「道鏡事件」「平安遷都」に深く関わり、solition?した、
優秀な当時の官僚だったことを今回の旅で知った。


画像






---------
(拾遺)
Iwaさんのお教えにより、道鏡事件に至るまでを整理した。
ここで淡路以来、気がかりだった「淳仁天皇」の歴史的意味が解明した。

画像

                       淡路 淳仁天皇陵 2004.4探訪


757 淳仁天皇(47) (758-764)
    藤原仲麻呂の長男の妻を妃とする

    藤原仲麻呂 平城遷都(紫香楽宮より)、大仏建立推進 養老律令 

764 藤原仲麻呂の乱

  孝謙天皇が道鏡を寵愛しはじめたのに危機感を抱く
  クーデター失敗 仲麻呂、高島で斬殺
  淳仁天皇 廃帝  淡路 淳仁天皇陵

      道鏡 志紀郡弓削
    
      孝謙天皇(46)
        女帝(764-770) 仏教擁護、東大寺大仏 建立推進

  称徳天皇(48)  孝謙天皇 重祚

769 道鏡事件


こののち、天皇は天武天皇(40)系から天智天皇(38)系へ移る。

----------
天武天皇 (大海人皇子)  

壬申の乱(672)で大友皇子に大勝
これを期に天皇の権威が強まり、律令体制ができる。

   栄枯盛衰といったところかな。



女帝と道鏡 天平末葉の政治と文化 (講談社学術文庫)
講談社
北山 茂夫


Amazonアソシエイト by 女帝と道鏡  天平末葉の政治と文化 (講談社学術文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「道鏡事件」の真相
栄光出版社
石田 則明


Amazonアソシエイト by 「道鏡事件」の真相 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



法体の女帝―道鏡伝説異聞
作品社
小石 房子


Amazonアソシエイト by 法体の女帝―道鏡伝説異聞 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論
岩田書院
根本 誠二


Amazonアソシエイト by 天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 養父神社 の狼の狛犬

    Excerpt: 養父神社はJR山陰線に面して鳥居が見えて、 木々の雰囲気もよく端正な神社である。 Weblog: ベレー帽通信 WEST racked: 2013-04-27 15:57