ボクらの街のボクらのお金(あべよしひろ)

地域通貨のことを調べていて読んだ本の1つ。
子供向けに書かれているようだが、
地域通貨についてなかなかわかりやすく書いてある。
大人が読んでも、地域通貨の入門書として十分である。



地域通貨は単独で流通させる方法もあるが、
既存通貨と抱き合わせで、流通させることによって、
地域の経済もまわりだす。

大型店舗の進出は、
はじめは安くて豊富な品で喜ばれるが、
いずれ店舗が先ゆかなくなったとき、
その地域で儲けたお金を持って、去ってゆくと
地域の雇用までもなくなってしまう。
お金は利益を求めて移動してしまう。

これはよくある話。

個人商店はこれからどうなるのかな。
たとえば、
町の小さな薬屋さんはほんとに少なくなった。


もう少し地域通貨のことを調べようかな。










ボクらの街のボクらのお金
さんが出版
あべ よしひろ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボクらの街のボクらのお金 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック