スリランカ概略史 (スリランカ紀行1)

いざ、スリランカへ!
スリランカの歴史を整理してみた。
仏教、南インドとのかかわりが歴史のポイント。
日本と大陸(中国、朝鮮)との関係に似通った歴史である。


成田から直行便スリランカ航空で9時間ほど
機材はエアバスだが、結構、内装はおんぼろである。
どこかの中古でなかろうかと思う。

画像



しかし、アテンダントは、彫の深いアーリア系の美人が多い。
アユボアン(こんにちわ)のポーズで見送ってくれる(看板だが)。

画像








AD6C ブッダ 入定

AD4C シンハラ王国  都 アヌラーダブラ
AD3C  仏教伝来

   タミル人の侵略

   マハーセーナ王 灌漑用水路、池を建設

4C インドのカリンガ王子 アヌーラダブラに仏歯を持ち込む

5C カーシャパ王 シーギリアに宮殿を建設 11年間だけの都

    仏教界混乱、タミル人侵略
10C シンハラ王朝 アヌーラダブラを放棄

10~12C ボロンナルワ 遷都 
       バラークラマ・サムドラ王 灌漑貯水池バマークラマ・サムドラを建造   
       仏教都市 タイ、ビルマからも仏僧が訪れる

13C 北の乾燥地帯から南の湿潤地帯へ移動
    ジャングル化  

   ダンバデニヤ>ヤーバフワ>クルネーガラ>ガンボラ と遷都を繰り返す

15C  キャンディ 遷都


16C ポルトガル人 シナモン貿易で来る
    ヤールパーナム王国、シンハラ3王国を攻略
    キャンディ王国をのみ残し、統治下に置く

17C~18C オランダ支配

1815 イギリスがキャンディ王国を滅ぼし植民地化
     コーヒーのプランテーション
     労働力として南インドからタミル人の導入

     シンハラナショナリズム運動

1948 独立

     シンハラ語公用語化にタミル人反発
     内戦化

2009 タミルイスラム解放の虎(LITE)を制圧 内戦終結



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック