有馬人形筆と筆づくりの伝播

温泉街の坂道を下り、
かつて、モンゴルに自転車で行った際に知り合った、
有馬人形筆工房のNさんを訪ねる。

画像



最近は外国人のインバウンドで有馬筆も爆買いされることもあるという。
人形筆以外にも、通常の筆もよく買われるらしい。
通常の筆も広島の熊野から仕入れて置いている。

有馬人形筆は本来の有馬筆の派生であるが、
Nさんの話によると、熊野筆は有馬筆の技術が伝播したものであるという。
Nさんの屋号「灰吹屋」の名も熊野に見られるという。

奈良あたりで発祥した筆の生産は、
やがて、文人が来たであろう、有馬に伝播し、
その後、伊勢参りや有馬の湯治に来た熊野の人によって
はるか、広島に運ばれたとしても不思議はない。

技術の伝播はいつの世も人を豊かにする。






話は変わるが、足湯は中国人に占有されてしまっている。
恐るべし。
画像












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック