烏山頭水庫に八田與一の功績を訪ねる

烏山頭水庫は台湾台南にある巨大ダムである。
仕事柄、一度訪ねたい場所であったのだが、今回機会を得た。

画像




高鐵で台南に向かい、台南で一泊、
翌日、烏山頭水庫に一番近い、台鐵 隆田駅まで行く。

隆田駅は台南から7つ目の電車しか止まらないローカルな駅だが、結構大きな駅である。

画像



駅舎を出ると駅前は小さなロータリーになっていて、下調べしていたとおり、タクシーが数台止まっていて、
そばのベンチで運転手が暇そうにたむろしている。

画像


さっそくその中の1人が、旅行者の格好をしている私に近寄ってくる。
用意していたガイドブックで、烏山頭水庫を示すと、800元と言ってくる。
事前に仕入れていた情報では700元であったので、700にまけろと言ってみるが、
2時間いろいろ案内して、800だという。
まあ、100元といっても300円ほどのものだし、2年ほど前の情報でもあったので、OKを出す。

運転手は機嫌よく、荷物を持ってドアを開けてくれ、走り出した。
途中車内で話しかけてみるが、英語も日本語も片言で今一つ意思疎通できにくい。

ローカルな街並みはすぐに田園となり、向こうに長大な堤らしきものが見えてくる。
画像



画像

まもなく高速道路のゲートのような料金所に着く。
ここで入場料100元を払い、パンフレットをもらう。
ちゃんと日本語バージョンがあり重宝する。

まず連れて行かれたのは、最近できた「八田與一記念公園」
ここには、八田與一の生涯を展示した記念館と彼が住んでいた住居が復元されている。

画像


八田與一が暮した復元住居
ゆかたを着付けて写真を撮るというイベントをやっていた。
画像


復元された執務室
画像


解説によると、この一帯はダム建設労働者の居住区であったようだ。
鉄道、病院、小学校、商店まである小さな町を形成している。
その中心に八田與一の住居がある。
画像




次に連れて行かれたのは、烏山頭水庫からの放流施設。
昔は直接水路へ放流されていたようだが、今はパイプライン化されている。
左のほうに大きなパイプが見える。
画像



ここは、戦死した八田與一の後を追って、夫人が水路へ身投げしたところでもある。


このゲート施設の上には、「八田技師記念室」があり、八田の設計の技術的な展示がされている。
水利組合によって建てられたもの。
画像



建設時の興味ある写真が多く展示されていた。




堤体標準断面図
画像




築堤用土を採取するスチームショベルが活躍している。
画像



機関車による資材運搬
画像




軌道式の盛土敷均し
画像



独特なセミハイドリック工法
両岸の盛土に放水することで、粘土だけが溝に流れ込み中心部に粘土の刃金層ができるというもの。
画像


コンクリート中心コアを建設中の写真
画像




余水吐水路にかかる吊り橋
画像




つり橋から見る余水吐
越流長 636m
計画洪水量1500t/秒
とてつもなく大きい
画像


放流穴は60連ある
画像


洪水吐下流水路
画像


右岸から見る堤体
延長 1273m、 堤頂幅 9m、高さ 56m、底幅 303m
画像



堤体を引き返し、八田與一銅像と墓碑
いつも花が添えられているという。
この銅像は大戦末期に金属供出で撤去され、戦後発見されたものを、
昭和56年になって元の場所に戻された曰くがある。、
画像



当時、ダム建設資材、日常物資運搬に使われたベルギー製蒸気機関車
築堤の土砂は20km離れた河床から、この機関車によって運ばれた。
ナローゲージ
かなり部品も欠損しているが、大切に保存されている。
画像


左岸側から堤体下流を見る
画像


2時間程度の行程を3時間ほどかかってしまった。
運転手はうんざりしていたかもしれない。

ゲートを振り返る間もなく車は猛スピードで駅へ引き返し、
画像

駅で約束の800元を支払ったのだった。

これで、今回の台湾旅行の1つの目的を達成することができた。


八田與一は、このダムサイトを3年ほどかけ選定し、測量計画を行っている。
そのプランたるや、南北110km、東西71kmに及ぶ華南平野15万haを灌漑する計画である。
当時、まだ30歳であったのだが、その上司であった台湾総督府民政長官下村海南の認めるところとなり計画が実現することになる。下村海南の見識の深さにもよるところも大きい。
大正9年着工、昭和5年完工 満水面積1000ha 貯水量1億5千m3の大貯水池が完成する。

烏山頭水庫の灌漑エリア
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック