京都府の歴史散歩(下)を読み「丹後」に思いを馳せる

丹後に行く下調べをしている。
市販本で、丹後に関する解説書は少ない中、本書はとても役に立つ。
それもそのはず、出版は山川出版社、編者は京都府歴史遺産研究会である。

やはり、古代、丹後は大陸への玄関として、重要な位置を占め、
大きな古墳も築造され、ヤマトとの交流もあったようだが、
それは古墳時代中期までで、大陸の交易路が瀬戸内海経由に移行するに従い、
その役割が低くなる。

しかし、中世の由良の山椒大夫
中世 久美荘の中心としての久美浜
北前船の寄港地としての、宮津の繁栄
近世の丹後ちりめん
明治以降の軍事拠点としての舞鶴

それぞれの時代で、かなり富の蓄積があったようで、
それらに関連する遺構なりがかなり残されているようだ。
楽しみである。


京都府の歴史散歩〈下〉
山川出版社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 京都府の歴史散歩〈下〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック