武士の起源 平氏と源氏略系図 平家興亡

平安時代の上級貴族は政治をかえりみず、煩わしい政務は下級貴族に任せ、地方の運営も現地の有力者を代理人(目代)としていた。しかし、必要以上に徴税をするものがあったりしたので、代理人に対する自衛集団が武士団となった。

開発領主が力を蓄え武力集団を結成。
紛争や警備を担う職業集団。
国司や受領が独自の軍隊を結成。

地方へ下った貴族は、地元民の信頼を得て、勢力を拡大する。
都で人間関係に悩み、出世を争いながら細々と暮らすよりも、強い権限と潤沢な収入を得て、むしろ地方に君臨することを選んだ。

やがて、中央でも位の高い武士が誕生する。上級貴族は武士を殺戮集団としか見ていなく、穢れた存在としていた。しかし、上級貴族は自らもめ事を解決する手段を持たず、自分たちを守ってくれる武士を手なずけるために、官位や地位を与えた。

朝廷を牛耳る摂関家が衰退するこのような中から、源氏とか平氏が抜きんでてきた。


平氏源氏略系図.jpg



平家興亡―平清盛野望の果て (サクラ新書) - 猛夫, 歯黒, 美樹, 清水, 智子, 藤岡, 章子, 細山田, 正人, 吉松
平家興亡―平清盛野望の果て (サクラ新書) - 猛夫, 歯黒, 美樹, 清水, 智子, 藤岡, 章子, 細山田, 正人, 吉松

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント