忘れられた日本人(宮本常一)を読む

宮本常一の著作では、まずこの本であろう。幸いなことに図書館で借りたのは、未来社の1960年刊行第一刷であったから、まさしく宮本がこれを世に問うことになった初版本で読むことになる。多くの人に読まれたのか、装丁がきれいにやり直されている。今でも図書館では、このような本の修理をやっているのだろうか。活字も今の電子印刷でない、金属活字本で懐かし…
コメント:0

続きを読むread more

「応仁の乱」から現代社会を見る

1467年(応仁元年)京都で始まった応仁の乱は、京都の3分の1を焼き払い(市街戦である)、西国のほとんどが11年にわたり戦場と化した。 日本の「内戦」として特筆すべきと思うので、まとめておく。 応仁の乱に至るまでには、その前兆がある。 1 一国のリーダー不在 2 勃発する天災地変 3 専制政治・側近…
コメント:0

続きを読むread more