しょぼい起業で生きていく(えらいてんちょう)

生きていくためにはお金を稼がないといけない。 そのためには、雇われて給料をもらうのと、自ら起業して稼ぐ方法がある。 起業というと何か元手やちゃんとした計画がいるような気がするが、この本は決してそうでないことを教えてくれる。 生活の資本化 いつもやっている行為をお金に換える。 自分が日常やっていることを事業化する…
コメント:0

続きを読むread more

宮本常一「忘れられた日本人」を読む(網野善彦)

網野善彦が岩波市民セミナーの講義、神奈川大学短期学部での10年にわたるテキスト精読を基にして出版された。 宮本常一「忘れられた日本人」の解説書として、新しい発見を促す本である。 「忘れられた日本人」をベースに網野独自の研究考察を加えている点で面白い。 以下メモ 女の世間から 古く日本では、女性だけで旅をすることがよく行われ…
コメント:0

続きを読むread more