アースダイバー 神社編 (中沢新一)

神社の古層 神社自体が縄文古層、弥生中層、新層でなりたっている。新層ばかりのところもあれば、いたるところに古層が観察されるところがあり、その地方は長いことヤマトへ抵抗を続けていた勢力によって聖地とされていた場所である。 古層 神社の建物が作られる以前の「磐座」 舟木石神座(淡路島) 縄文人のユ…
コメント:0

続きを読むread more

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法(ロバート・キヨサキ)

「若くして」なので今さら読んでも仕方がないのだが、 かのカーネルサンダースは62歳でフランチャイジーを始めたし、 「若くなくとも」何かの参考にはなるだろう。 ということで読む。 100年ほど前までは多くの人がビジネスオーナーだった。 リスクがあっても自分でビジネスをやる強さがあった。 従業員になる人が増え…
コメント:0

続きを読むread more

孤独をたのしむ力(午堂登紀雄)

孤独力とは 孤高としての強さを持つこと。 人との接点を自ら避けるとか、誰からも無視されて孤立することでなく、ひとり自分の信じる道を歩くこと。 孤独はみじめだと思い込む固定観念に原因があり、寂しい人間だと思われないように、自分とは似合わない人でも無理して付き合う、合わないグループに自分を抑えてでも所属するという行動を生み出し…
コメント:0

続きを読むread more

群れるな (寺山修司)

残念ながら、私より一世代、二世代前の人。(1935~1983) 詩人歌人であり劇作家。 書を捨てよ、町へ出よう 毛皮のマリー くらいしか、それも言葉だけしか知らない。 お金が有り余っていながら孤独な老人を何度も見かけた。 幸福の大小ではなくて、幸福について考える人間の大小なのである。 「幸福とは幸福をさがすことであ…
コメント:0

続きを読むread more

ひょうごの地名再考 (落合重信)

雄伴の郡歌垣山 摂津風土記逸文 雄伴の郡、波比具利岡(ハヒグリオカ)、この岡の西に歌垣山あり、昔、男も女も此の上に集い登りて、常に歌垣を為しき、因りて名とする。 歌垣山は夢野の丸山と考えた。ここは、烏原村と石井村の盆踊りが行われていたし、夢野丸山古墳があり、西には鵯越道がある。 東海地方では歌垣のことをヒヨドリと言ってい…
コメント:0

続きを読むread more