垂水海神社 秋祭

仕事の帰りの乗換駅で太鼓の音がするので
途中下車すると、秋祭りの最中であった。
ここでは「太鼓」とよばれるいわゆる「だんじり」が駅前を練っていた。

岸和田の「だんじり」が有名であるが
このタイプの「だんじり」は大阪湾岸から播磨灘、淡路島にかけて
多く見られるタイプで、中央に太鼓を置き、周りを装飾して
神輿のように担ぐ方式と、車輪がついて引く方式がある。
大阪湾岸から淡路にかけての「だんじり」の分布については
一度、調べてみたい事項であるが、まだ果たせないでいる。

さて、祭りの世話役と思しき人に尋ねると
垂水海神社の「太鼓」は、担ぎ手も少なくなり
いまや2台となってしまい、寂しい限りである。
レジャーの少なかった時代の、民衆のひとつのガス抜きとしての
祭りもその役目を終えようとしているようである。


画像

"垂水海神社 秋祭" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント