出雲玉造遺跡

画像


玉造は温泉で有名だが、縄文から古墳時代末期にかけての
玉造の工房跡があったところだ。
今回はスケジュールに入れていなかったが、
荒神谷遺跡への通り道だったので立ち寄った。

史跡公園として整備されていて、朝露の降りた園内を歩くと
はるか古代人がここで勾玉や環を作っていたことが空想でき、
いい感じである。
ただ、遠景に旅館街のビルが目に入るのが難点である。
公園には資料館が併設されていて、小さいながらも
充実した展示がされている。

資料館で玉造の年表が掲げてあったのを見ると
玉の装飾品としての流行は、大化の改新を前後して廃れていくようだ。
玉というシャーマニズム的なものが仏教の普及とともに廃れたということと
勝手に解釈したりする。

画像

展示品の玉のネックレスを写したが、満足な加工道具のない時代に
よくもまあこれだけのものを作ったものだと感心する。

"出雲玉造遺跡" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント