関西空港→ハルビン (中国東北部自転車ツアー/2007.8.11)

今年は関空に行くのに、神戸関空ベイシャトルを利用する。
往復利用すると、駐車場が無料なのがうれしい。
自転車は、いつも空港宅急便で送っていたが
これだと直接、自宅から持っていっても苦にならない。
さすがに駐車場は満杯で、東奥の砂利舗装のところに止める。
30分で関空に着く。

お盆前なので、関空は結構混雑している。

画像


ハルビンへは、中国南方航空を利用する。
座席3列2列の小型機だ。
海外といっても2時間半のフライトだから
この程度で十分である。
大型ジェットよりもこの程度の小型機のほうが
両方に空が見えて、私は好きである。


ジェット機は、琵琶湖の上を抜け、能登あたりから日本海を渡る。

画像


入道雲の雲海の上を飛ぶ。
実際は成層圏に近い高高度を飛んでいるのだが
宮崎駿の「紅の豚」の雲海のシーンを思い出す。




定刻にハルビン空港に着く。

画像


日本より少し涼しい感じ。
例によって、空港に降りると中国のにおいがする。
いつも海外の空港に降りたつと、その国の匂いがするが
すぐに慣れてしまってわからなくなるから不思議だ。
あの匂いは何なのだろう。
その国の食べ物の匂いや体臭なのだろうか。



ハルビン市内の崑崙大酒店に宿を取り
自転車を組み立て明日からの準備をする。

画像


夜、ホテルのすぐ前が、ハルビン駅なので少し散歩する。
9時を過ぎているのに、駅前は大混雑している。
写真は到着便出口で、迎えの人が待っている。
出発便入口からは
ロシア人の集団が大きな荷物を持って入っていく。

この駅で伊藤博文が暗殺されたことを思い出す。
これだけの混雑の中で、そんなことを思う人はおそらく私一人だろう。

明日からに備えてベットに入る。









紅の豚
紅の豚 [DVD]

"関西空港→ハルビン (中国東北部自転車ツアー/2007.8.11)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント