一遍 入寂地を訪ねる (真光寺) 

一遍上人は、多くの宗教人の中でも
興味深い人物である。
権力、妻子を捨て、遊行の末
大輪田の泊の観音堂で往生したといわれる。

今まで近くにいながら、訪れることはなかったが
たまたま、サイクリングの途中
その真光寺にある廟所に参ることが出来た。

折りしも、彼岸で境内は法要が営まれていたのも
これも何かの縁かもしれないと思い廟所へと向かう。


画像



廟には巨大な五輪塔がある。
おそらく後世の人々が祀ったと思われるが
私の一遍上人のイメージからして
この巨大さは少し違和感を覚えた。


一遍といえば国宝「一遍聖絵」があまりにも有名であるが

一遍が亡くなるシーンは
松林に砂浜が広がり
そこでの荼毘の風景と
一遍を追って、入水往生する弟子と
それを追う人々の姿が印象的だったのを思い出す。

真光寺の北には、「和田の笠松」の標があり
これに、江戸時代の絵図が掲げてあった。

画像


戦災でこの松もなくなったというから
少なくとも、戦前までは、一遍聖絵にあるような面影があったのだろう。

確かに、現在も地名に
海に近いところから「芦原通」「松原通」「須佐野通(州砂野か?)」「入江通」
などが残っていて、松原砂浜が広がっていたことが偲ばれる。


少し南には、清盛塚なるものもあり
清盛の実際の墓ではないようだが
鎌倉期の十三重の塔で立派なものである。

画像




大輪田の泊は、平清盛が日宋貿易の拠点としたところであり
当時としては、莫大な物品や金と人がこの地に集まり
かなり賑わったに違いない。
まさしく、中世の魅力的な交易都市だった。

一遍は淡路島から上陸し、
播磨印南野にある教信寺に行くべくして
ここで力尽きている。

一遍が、中世の都市民、工商業者や流浪民に
大いに受け入れられたことを思えば、
もう、大輪田の泊の繁栄は薄れていたにせよ
最期の地にふさわしい場所であったのではないだろうか。


「旅ころも 木の根 かやの根いづくにか 身の捨られぬ処あるべき」 一遍




かなり前に読んだ本だが
いくつかある一遍の伝記の中でも、
佐江衆一のこの本は、群を抜いている。
一遍がいかにして遊行となったのか。
その謎が明かされる。

おすすめ。文庫本にもなったようだ。
わが屍は野に捨てよ―一遍遊行 (新潮文庫)

"一遍 入寂地を訪ねる (真光寺) " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント