「パラダイス」という名の中華料理店

恒例、高校の同窓忘年会。
いつもの中華料理店に集まる。

以前はこの店は、典型的な
シンガポールやマレーシアの都市でよく見かけた
(今は近代化でほとんど見ることができないが)
ショップハウスのつくりの古い店だった。

あの震災をもくぐりぬけたのだが
3年前に改装した。

以前のほうが趣があったね。
勝手な意見だけれど、僕らはそのほうがよかった。

でも、改装して繁盛しているみたい。
おかげで、同級生の店主の手品もあまり見れなくなった。
とにかく、お店繁盛はなにより。

料理はこれまた、いつもの火鍋(huŏ guō)
僕らみんなそれぞれありながら、今年も終わろうとしている。

旧友と美味しいものを食べ、酒を交わす。

今年は3年ぶりに、店主の手品が披露された。

確かに
「パラダイス」という名の中華料理店


画像




中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)
中央公論社
村上 春樹


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"「パラダイス」という名の中華料理店" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント