師走の町 托鉢僧に合う

通勤途上、禅寺の托鉢僧の行列に合う。
幼年時代に住んでいた家の近くの、
著名な禅寺の僧侶たちである。
師走の寒空の下、素足に草履で、
「オオー」と声を上げながら足早に通り過ぎていく。




幼いころ、この「オオー」の声がどことなく怖くて、
いつも祖母の腕にしがみついて見ていた。

この声が聞こえると
急いで祖母は米びつから、米1合を升ですくってきて、
玄関に立ち、托鉢僧に寄進する。

列の中から抜けた一人の僧侶は、玄関に立ち
前垂れにその米を受け、
器用に、前垂れについた袋(ポケット)へ米を納めてから、
手を合わし、礼をする。

洗練された「おじぎ」のフォームというものがあるなら、
きっとこのようなものを言うのだろう。
祖母もそれを受けて手を合わす。






もう、半世紀も前の記憶。
確か、托鉢に回ってくる日は決まっていて
15日と28日かだったと思う。
そういえば今日も15日だ。
通勤の急ぐ足を緩め、振り返り、心の中で手を合わす。




画像

                         神戸 祥福僧堂

"師走の町 托鉢僧に合う" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント