太陽の帝国(J.スピルバーグ)を観る

J.G.バラードの半自伝的小説をスピルバーグが映像化している。
戦争や死をあつかったストーリーにかかわらず、
詩的な美しい映像で見せてくれる。


中盤の特攻の出陣シーンが印象的であった。
個人の精神性と国家や社会システムは、
いつも別のところにあるものだと感じさせられる。


先の大戦における、イギリス、中国、日本、アメリカの立場を
登場人物で、暗に表現しているのも興味深い。

イギリス 先の侵略者
中国 それぞれの出方を見て対処する
日本 後発の帝国主義 精神性 ある意味で子供
アメリカ 資本主義、物質文明、合理主義






太陽の帝国 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2002-03-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 太陽の帝国 特別版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



太陽の帝国
国書刊行会
J.G.バラード
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 太陽の帝国 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"太陽の帝国(J.スピルバーグ)を観る" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント