テーマ:日本刀

姫路「刃の宮地蔵」の由来を考える

姫路の町をぶらぶら歩いていると何か呼ぶものがあり、傍らにいわくありげな小社が目に留まった。立ち寄ると「刃の宮地蔵」とある。 幸いなことに、由緒書きの石碑が建立され、読んでみるとかなり古い歴史のある社である。 平安末期の頃(一条天皇)、京三條の刀匠 小鍛治宗近が豊前(福岡県)の宇佐八幡宮に神釼奉納の為下向の途中、この地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more