テーマ:

雁行の正体 川鵜(カワウ)

寓居のすぐ前には、円山川の大きな堰があるが、 このごろ朝、窓から見渡すと、黒い鳥影が岸辺にあるのが気になっていた。 双眼鏡で観察してみると、かなり長時間潜水して しきりに魚をとっているようだ。 ときおり岸辺で羽を広げ乾かしている。 調べてみると、どうも「カワウ」らしい。 あの長良川の鵜飼のあれである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more