テーマ:民族学

太陽の塔からみんぱくへ 国立民族学博物館40周年記念特別展図録

昨年末に久しぶりに国立民族学博物館に行ったのだが、1970年の万博のために収集した資料は今なお興味引くものが多い。 そもそもこれらの資料は、太陽の塔の地下に展示されていたものであり、これは、岡本太郎がパリで民族学と出会い、当時未開芸術と呼ばれた民族資料に人間の生命力を見出したことと無関係ではない。 万博のテーマは人類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more